トップ > 被災地ボランティア > 2013情報労連統一ボランティア

被災地ボランティア

2013情報労連統一ボランティア

東日本大震災の復興・再生の取り組みとして、情報労連統一ボランティア行動を実施します。

2013年12月24日掲載 本部

派遣期間

2014年1月〜6月
(毎週「木曜〜日曜」を1クール×6回)

  1. 第1回 2014年1月16日(木)〜19日(日)
  2. 第2回 2014年2月27日(木)〜3月2日(日)
  3. 第3回 2014年3月27日(木)〜30日(日)
  4. 第4回 2014年4月10日(木)〜13日(日)
  5. 第5回 2014年5月15日(木)〜18日(日)
  6. 第6回 2014年6月12日(木)〜15日(日)

派遣規模

22〜3名 / 1クール(週)

活動場所(予定)

福島県・南相馬市 小高地区

作業内容(予定)

帰宅準備予定宅周辺の瓦礫撤去、草刈り、家財片づけ等。女性でもできる作業です。
具体的な作業はボランティアセンターの要請に基づく作業内容となります。

活動日程(概要)

木曜日    12:30全電通会館集合
         13:00出発
         19:00宿泊施設到着予定
金〜土曜日 現地ボランティア作業(終日)
日曜日    午前ベースキャンプ出発 15:00頃東京駅到着予定

宿泊場所

蒲庭館
〒979-2511 相馬市蒲庭字前迫12番地
TEL.0244-33-5028
http://www12.ocn.ne.jp/~kabaniwa/
個人の荷物を事前に送付することは可能です。また旅館からの配送も可能です。
旅館に送る際は、前日までに元払いか往復払いでお願いします。宿泊施設名の後ろに必ず「情報労連 ○○宛」と記載してください。○○には本人の名前を記入してください。

※朝食、夕食付。風呂、女性専用部屋有。
※アメニティ(シャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨きセット、タオル有)

南相馬市の現状

  • 小高地区は震災後1年以上、放置されていたため、現在の震災直後と同じような状態が広がっています。復興活動が遅れており、特に支援が必要とされています。
  • 放射線量はボランティアは厚労省の基準(2.5マイクロシーベルト/時以下)をさらに下回る2.0マイクロシーベルト/時以内の地域を選定し、ボランティアを実施します。

携行品

  • 衣服(作業着着替え含む)汚れてもよいもの。ケガ防止のため、長袖長ズボン
  • 防寒具(朝晩の気温差対策用)ウインドブレーカー、防寒下着など
  • 安全長靴安全靴(五寸釘が出ている場合があります。鉄板の入った中敷きをご用意ください。)
  • 履き替え用の靴(スニーカー等)
  • 常備薬
  • ビニール復路
  • メモ帳筆記用具
  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • タオル(汗拭き用)
  • ティッシュ
  • 帽子
  • 雨具上下(雨合羽)雨でも活動決行予定

※冬期間に参加される方は、防寒対策をしっかりしてください。
※シャベルなどの道具類は現地で借りられます。
※基本的に、各自で使うものはご自分で用意してください。

※ボランティア保険は団体で加入手続きを行います。個人ごとの加入手続きは必要ありません。

このページの先頭に戻る