トップ > 明日知恵塾 > 明日知恵塾 レポート

明日知恵塾

明日知恵塾 レポート

第8回 お客様と会社の関係は?

2007年12月掲載本部
NTT東日本本社で行われた8回目の『明日知恵塾』

12月15日に開催された第8回明日知恵塾。今回の参加者は45人の学生と16人の社会人。これまでの教育機関への働きかけが実り、過去最多の参加人数となりました。

大所帯で職場見学に向かったのはNTTソルコのオペラシティIP受付センターです。NTTのコールセンター業務などを担う職場で、学生はカスタマーサポートやクレーム対応といった日常業務についてレクチャーを受けていました。

会議室に場所を移して、法政大学・藤村教授が話したのは、「コールセンターで見られたような消費者と働く人の関係について議論を深めてほしい」という問題提起。その後は「お客様と会社の関係」をテーマにディスカッションしました。

学生がクレームの処理方法や納期について質問すると、社会人からは「会社に非のないクレームでも、耐えることが必要」「クレームは改善の宝庫」「納期を守る責任は重い」などの返答が。

他にも、プライベートの時間の使い方や育児休業の利用法など、さまざまな話題で盛り上がったようです。参加した学生からは「なんでも聞きやすい雰囲気がよかった」という嬉しい声も寄せられました。

このページの先頭に戻る