トップ > 明日知恵塾 > 明日知恵塾 レポート

明日知恵塾

明日知恵塾 レポート

第3回 あなたの会社選びの基準は?

2006年11月掲載本部
六大学21名の学生が参加、全体では50名を超える参加者が集まった 社会人へ質問する学生の表情は真剣

第3回目を迎えた明日知恵塾は、法政大学の学制の他、嘉悦大学・首都大学東京・学習院大学・跡見学園女子大学・明治大学から計21名の学生が参加。社会人を含めると50名超という大所帯となりました。

今回の目玉は、明日知恵塾初となる職場見学!
KDDIネットワークオペレーションセンターの清水正人さんから

  • KDDIの提供するサービスの概要
  • それらを支える基幹網・アクセス網の構成イメージ
  • 中央局としてのKDDIビルが果たす役割

について説明を受けた後、職場や電話交換機設備などの見学へ。普段何気なく使っている携帯電話の、膨大なやり取りを仲介する設備を目の当たりにした学生は、自分たちの社会を支える仕組みに目を向けることができたようでした。

職場見学の後はグループディスカッション。法政大学・藤村教授から「実際働いている人と話すこともなく、単なるイメージで会社を選ばなければならない今の就職活動は歪んでいるのでは」「企業が外に向かって出している情報よりも、実際働いて感じる情報をオープンにして話してほしい」という問題提起があり、「あなたの会社選びの基準は?」というテーマでディスカッションが開始。働き方や職場環境に関する学生からの質問に対し、社会人は学生時代に抱いていた仕事・就職への思いと、働く現場の生の声を伝えていました。

その後は、NTTデータ社が仕事内容や働き方を映したDVD『ありがとう』の上映会。
最後に藤村教授から「自分のやりたい仕事ができる会社が存在するわけではない。自分のやりたい仕事ができるように働きかけ、やりたい仕事をつくりだすことが重要」という話があり、今回の明日知恵塾は終了しました。

学生からは「実際に働いている人の声が聞けてよかった」「今度はさらに具体的な体験談を聞きたい」という意見が多数寄せられ、次回からの期待も高まります!

このページの先頭に戻る