トップ > 組合員参加企画 > プルタブ回収とは

組合員参加企画

情報労連プルタブ回収運動

2010年2月より、産別組織のスケールメリットの発揮ならびに一体感の醸成を目的に、組織全体で継続できる運動として「プルタブ回収運動」を展開しています。空き缶散乱公害がなくなり、回収したプルタブが一定量蓄積されると車椅子を寄贈することができます。組合員の皆さんのご協力をお願いします。

プルタブ・アルミ缶回収運動について

  • プルタブ・アルミ缶回収運動は、「『公害を生み出さない人づくり』と『空き缶散乱公害をなくす』ことをめざし、ものを大切にすることを通して、資源を保護し、人にやさしく、身の回りの環境を住みやすいものにする」ことを目的に、環公害防止連絡協議会が主体となって実施しているものです。
  • 環公害防止連絡協議会は、1990年8月1日、静岡県清水市に任意のボランティア団体として発足し、現在、奈良県に本部を置き、関東・関西支部を持つ組織です。
  • 送付されたプルタブ・アルミ缶が800圈柄料分を含めると1200kg)を超えると、アルミ製車椅子1台が贈呈されます。
  • 現在、登録数4470団体で、28万人が運動に参加しており、これまでに車椅子2230台贈呈しています。
  • 車椅子を寄贈すると環公害防止連絡協議会から感謝状が到着します。

送付について

  • 一箱当たり20kg〜25kgの範囲で送付することとし(それ以下で送ると、送料をプルタブの重量に換算して差し引くため利益が出ない)、送り状には『県協名と労組名・支部/分会名、登録番号3521』を必ず明記すること。
  • 「クロネコヤマトの宅急便」の着払い(たて+よこ+高さ=160cm以内)にて送付すること(これ以外の便は有料)。
  • アルミ以外の物質(特にスチールなど)が混入しないように注意すること(磁石で判別が可能。磁石に引き寄せられる物はアルミではない)。

送付の流れ

送付方法は、以下のとおりです

  1. (1)県協で全て集約後、一括送付。
  2. (2)各構成組織から直接送付。
  3. (3)県協からの一括送付ならびに各構成組織から送付を組み合わせる。

送付先住所

〒669−1401
兵庫県三田市小柿26 環公害防止連絡協議会 宛
TEL:079−569−1677
ホームページ:http://web1.kcn.jp/yanoya/
(環公害防止連絡協議会)

宅配業者

クロネコヤマト宅急便の利用に限り、着払いにて送付可能です。
着払い送料全国一律600円分(約7.5kg相当)がプルタブの重量から換算され差し引かれます。

組合員のみなさまのご協力をよろしくお願いいたします

このページの先頭に戻る