トップ > 組合員参加企画 > その他の参加企画 レポート

組合員参加企画

その他の参加企画 レポート

2015年度「書き損じはがき等回収キャンペーン」

2015年12月25日更新本部
書き損じハガキなどで世界の貧しい人々の暮らしを応援することができます!

年末に売り出されている年賀はがきは約30億枚。そのうちの多くが、書き損じたり未使用のままになっています。ハンガー・フリー・ワールドは、書き損じハガキなど集まったものを換金し、バングラディッシュやウガンダ等の活動地での栄養改善、職業訓練、教育などの事業や、啓発、青少年育成、アドボカシー活動を行っています。
書き損じハガキの他にも、中古ゲームソフト、使用済み切手など、ご家庭で眠っているモノを集めていますので、お金を寄付するのは大変と感じる方も手軽に社会貢献活動に参加できます。

キャンペーン期間:2016年1月〜3月末

回収対象

  1. 書き損じハガキ、未使用ハガキ(年賀・官製ハガキで投函されていないもの

    ※ハガキに記載・印刷されたままの個人情報については、HFWにおいて適切な管理を行い、
      それらの情報は一切使用しないことを確認済。

  2. 未使用切手(日本切手と中国切手のみ)
  3. 使用済み切手(国は問わず。小袋等で未使用・使用済みを分別)
  4. 外貨紙幣(硬貨は不可)
  5. テレホンカード、プリペイドカード(未使用のみ)
  6. 金券(商品券、ギフト券、図書券など。古いもの、地方限定のものも可)
  7. 中古音楽 CD・DVD、ゲームソフト(ケース、歌詞カード、説明書付)

    ※シングルCDや雑誌の付録、破損品、録画・記録用のディスクは除く。
      ケースや説明書のある市販品

  8. ダイヤ・金・銀・プラチナ製の貴金属品

    ※金歯・宝石(真珠付可)・一部分・破損品も可

  • 東京ディズニーリゾート使用済パスポートは昨年度で回収終了

実施方法

  1. 全国単組は組織単位で指導、県協加盟組合へは県協から指導とする。
  2. 回収・集約は、NTT労組はグループ連絡会単位、それ以外は各単組で実施する。
  3. 回収物の送付は、集約組織からHFWへ直接送付。

送付上の留意事項

  1. 送付の際には、差出人名の頭に必ず「情報労連」と明記する。
  2. ハガキは、金額ごとに仕分けすることから、金額表示が左上になるよう、表裏と左右を揃えてまとめて集約のこととする。

送付先

NPO法人 ハンガー・フリー・ワールド
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
Tel:03-3261-4700 Fax:03-3261-4701
URL:http://www.hungerfree.net

集計報告:2015年度書き損じはがき回収キャンペーン

昨年度の取り組みにおいて、情報労連では総額1,169,309円となり、企業・団体総額では、1億4,458万円を集約しました。この資金は、飢餓に直面する人々の栄養改善、職業訓練、教育などの事業や、啓発、青少年育成、アドボカシー活動などに役立てられました。

ハンガーフリーワールド(HFW)昨年の活動内容
http://www.hungerfree.net/whatyoucando/hagaki/report.html

このページの先頭に戻る